IBM Cloud(Bluemix) × IoT はじめてのハッカソン Vol.29

10月14日(土)にはじめてのハッカソンを開催しました。
今回は、IBM Cloud(Bluemix) と IoTのコラボの会です。
IBMの方々には、会場提供だけでなくIBM Cloudのサポートスタッフもご協力いただきました。
普段、IoTのハッカソンは行っていないのですが運営スタッフの私物(IoT)を借りました。
ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

アイスブレイクタイムでグループ内でスキルセットを中心とした自己紹介を行ってからアイデア出しのワークショップに入りました。

アイデアソン

4つの質問に対して、個人ワークショップとグループワークショップを行いました。

アイデアを形にする時間

アイデアがかたまったら、どう実装するか何から着手するか、基本機能/追加機能は何かなど話し合いました。

グループ1

ヤヌーさん、まりさん、匿名さん

チーム名:ヤヌー先生と生徒達
タイトル:マイコンサル
「なりたい自分になれる!」ようにお任せコンサル。
自分のコンサルをしてくれるIoT

アイデアタイムが終わっても時間を割いて、じっくり話し合っていたグループです。
今回は残念ながら形にはなりませんでしたが、着眼点が良いのでぜひ実装していただきたいです!

グループ2

こまさん、みま(美馬)さん、けんけんさん、ばろさん

タイトル:TEAM GETUP

ベッドから起きることがトリガーで色々自動的に起きる。


上の写真はほんの一部です。まさしく「未来」を実現したようなIoTの使い方で素晴らしかったです。

グループ3

やまさん、ひらけんさん、藤本さん、むだいさん

 

誰でも簡単にメッセージのやりとりができるツール

入力せずに音声だけで、LINEなどのチャットでやり取りができるようになる未来。
機械に文字を打つのが苦手な(例えば)おじいちゃん、おばあちゃんとも、もっと気軽にやり取りができるようになるのは良いですねー

全体を通して

どのグループもIBM Cloudを触っていて、サポートの方も丁寧に教えていただいて良かったです。

スタッフ募集

はじめてのハッカソンでは、運営スタッフにご協力いただける方を募集しています。

こんな利点があります。
– 会場の下見でいろんなところにいけます!
(実際に使わない会場にも行くことができるかも)
– 参加者じゃない目線を味わえる
(準備のために色んな人と出会える)
– 初対面との人とのやりとりがしやすくなる。
(コミュニケーション能力の向上)

「どんなお願い(役割分担)があるのか?」
「メンバーとしてどんなことができるのか?」

はじめてのハッカソンについての説明時に確認していただき、合っているなと思ったらその後にメンバーに入っていただきます。

過去のスタッフイベント開催はこちら。
運営レポート

気になる方は下記までメールをお送りください(^^)
hackathon.creator★gmail.com
星は@マークに変更してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。