【デザインできる人も募集】はじめてのハッカソン × Swiftビギナーズ倶楽部 コラボイベント

5月21日(日)に Swiftビギナーズ倶楽部 さんとコラボして第24回目のはじめてのハッカソンを開催しました。

Swiftビギナーズ倶楽部の方々、参加していただいた方々、手伝っていただたスタッフの皆さん、ありがとうございました!

本日の流れや気をつけるポイントについてご説明し、グループ分け発表を行いました。

今回は3チームに分かれました。

グループ1

あおやぎさん、藤さん、かなさん、しおりん、しほみさん

サービス名:「自分 育成アプリ」

エンジニア向け勉強記録ツールです。

モチベーションがある時、新しい情報の発覚、アウトプットにつながります!

みんながどういう風に勉強しているのか知りたい」という思いから生まれたサービスです。

グループ2

おーさわさん、こうさん、Takaaki Fujiwaraさん、こまさん、むさしさん

サービス名:「フォントの名は。」

画像内の文字のフォント名を教えてくれるアプリです。
フォント名は機械学習を用いて導き出しています。

デザイナーとして「フォントを知らない」「いい感じのフォントをおすすめできない」という状態だと良くないという状態を解消できるようにしたいというところから生まれたサービスです。

グループ3

よっしーさん、ヤヌーさん、トミ爺さん、匿名さん、マエダくん

サービス名:「ひとく帳」

会った人の特徴を簡単に記録することができるメモアプリです。

「人との特徴」と「秘匿」をかけ合わせたアプリ名となっています。

よく会った人の特徴を忘れてしまうという問題から生まれたサービスです。

LT(ライトニングトーク)の様子

事前アンケートでは2人だけの予定が、他の人の話を聞いてさらに発表者が増え全部で4人の方がLTをしました。飛び入り参加も多く、とても盛り上がりました。

イベントの紹介や今やっていること、辞書の並び順にフォーカスした内容など様々でした。2回話す強者がいるなど皆さんたくさん話すネタをお持ちのようです(^^)


LTの様子です。

全体を通して

皆さん和気あいあいと楽しそうにアイディア出し、開発をしていました。各チーム、モバイル(Swift, Android)、デザイン、Webができる方々が集まってできたチームだったのでしっかりと完成したプロダクトが出来上がってました!!すごい!

各々が得意とする分野が混じり合うことでより良いものが出来上がっていくのはとてもおもしろいですし、わくわくしますね(^o^)

見ず知らずの人とチームを組むのは大変かもしれませんが、そこに楽しさがあるので是非皆さん参加してみてください。デザイナーでも開発者でもだれでも歓迎です!

会場をお貸しくださった株式会社パソナテックにも感謝です。非常に使いやすい会場でした。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください